新しいシステムを導入しました

現代の建築業は細分化、専門職化が進んでおり、

1つの建物を創り上げるにも非常に多くの人々が携わっています。

そういった中で、情報共有や連携は最重要であり、

これがうまくいかないとミスやムダにつながります。

弊社でも現場監督を中心に社内や業者との情報共有や連携に

取り組んできました。

そして今回、平野設計室と協力業者のさらなる連携を深める為、

現場の進捗状況をスマホ等で共有できる、「ANDPAD」という

新しいシステムを導入しました。





写真は先日の協力業者への説明会の様子です。

新型コロナウイルス対策として、席の間隔を空け、

2回に分けて行いました。

 

このシステムはPC・スマートフォンを活用した現場管理ツールで、

「図面に変更が生じた」「今日一日どこまで工程が進んだか」等の

最新の情報を、その建築現場に携わるすべての人が

把握できるというものです。

これまでは電話やメール、FAX等で個別のやり取りが主でしたが、

「ANDPAD」を活用することで全員が情報共有し、

効率的に現場を管理していくことが出来るようになります。

結果として、ミスやムダも少なくなり、お客様へ提供する住宅の

品質の向上にもつながります。

 

今後も新しい技術、便利な物はどんどん取り入れ、

より一層お客様にご満足いただけるお家づくりを

目指していきたいと思います。