収納の工夫㉓ ウォークインクローゼット ③

過去2回のブログで、ウォークインクローゼットを

生活動線から考えた配置についてご紹介しました。

今回はウォークインクローゼットの内部の考え方についてご紹介いたします。

 

【施工例1】

こちらはスタンダードなタイプで、両側に枕棚とステンレスパイプを

取付けたものです。

取付高さは自由に設定可能で、身長に合わせたり、

上に大きなものを乗せたり出来ます。



 

【施工例2】

こちらはステンレスパイプを2段にしたタイプです。

こうすることで同じスペースでも洋服を掛けられる量を増やすことが出来ます。

1段の部分には、ロングコートを掛けたり、床に衣装ケースを置くこともできます。



 

【施工例3】

こちらは腰の高さに棚板を一段設けています。

お布団を収納するのに最適なスペースです。

また、壁を調湿性能のある杉板張りで仕上げることで、

寝具にこもりがちな湿気を吸収してくれます。



 

【施工例4】

最後はウォークインクローゼットの中に可動棚を設けたタイプです。

衣類以外にも様々な日用品を収納する際には、パイプだけではなく

棚板もあると便利ですね。

可動棚の場合、棚の高さを変えることができるので、

置くものの大きさに合わせて取付が可能です。



 

クローゼットの理想の形は、お住まいになる人それぞれ異なります。

今ある衣類や荷物をリストアップして、理想の収納を思い浮かべてみるのも

楽しいかもしれませんね。