住まいのお手入れ⑫

こんにちは!

住まいのお手入れ第12回目です。

 

今月は建具のお手入れ方法をご紹介いたします。

建具とは、ドアや窓のことを言う専門用語です。

建具のお手入れについては来月と2回に分けて投稿したいと思います!

 

〈玄関建具〉

ちょっとした不具合(キズや塗膜の剥がれなど)も、

長時間放っておくと徐々に大きなゆがみになるので、

気になることがあれば、早めに対処します!

・表面塗膜には優れた耐久性、耐候性を持つ塗料を使用していますが、

シンナーやベンジンなどを使用すると塗膜が剥がれる恐れがあります。

・ドアに重いものを下げると重みでドアがきしみ、蝶番を壊したり、

ドアクローザーを傷める原因になりますので避けましょう。

・レールに砂や小石がたまると戸の開閉に支障がでますので、

日頃からサッシブラシなどで取り除きます。

・2~3年を目安にゆがみや隙間が無いかを点検し、随時建付調整を行います。

 

〈木製ドア・引戸〉

・柔らかい布で乾拭きしましょう。

汚れがひどい時は住居用洗剤をぬるま湯で薄めたもので拭きます。

・泥などが付いた場合は、水かお湯で拭き取り、

その後十分に乾拭きをし、湿気を残さないようにしましょう。


 

〈ドアノブ・蝶番・ドアクローザー〉

・ドアノブは手あかで汚れているので念入りに拭きましょう。

・ドアノブのくもりが気になるときは、歯磨きや金属磨きを使用します。

・蝶番は重荷がかかるため、定期的に固定ねじを締め、

回転部分にシリコンスプレーを吹き付けましょう。

・ドアクローザーは年に2回程度、速度調節弁を調整します。

※ドアクローザー内の油の軟度の違いから、夏と冬ではドアの開閉速度が若干違います。

 

※※ドアクローザーの調整は方法を誤ると、ドアに挟まれることがありますので、

説明書をよく読んでから行うか、弊社までご連絡ください!

 

他にも以下のようなことでお困りの際は、ご相談ください。

・ドアの閉まりのスピード不調

・引戸の開閉が重い

・ドアの開閉がスムーズにいかない

・ドアの鍵がかかりにくい

 

 

また、弊社で新築されたお客様については、定期的にアフターメンテナンスを行っていますので、

緊急事態でなければその際に仰っていただいても大丈夫です(^^)

 

 

来月はサッシのお手入れ方法についてご紹介したいと思います!