住まいのお手入れ③

こんにちは。

「住まいのお手入れシリーズ」はお役立ていただけていますでしょうか?

 

第3回目の今日は、壁のお手入れについてご紹介したいと思います。

普段、床のお手入れはしても、クロス(壁紙)を掃除することはほとんどないのではないでしょうか。

私も汚してしまったとき以外は、ほとんど掃除することはありません。

 

①クロス全般

ホコリをそのままにしておくと、湿気を吸ってシミの原因になってしまいます。

・ブラシや羽ほうきなどでホコリを払いましょう。

・落ちにくい汚れは、消しごむか食パンでこすり落とします。

それでも落ちにくいようでしたら、住宅用洗剤を薄めたぬるま湯を布に含ませ、

上からたたくようにして拭き取り、仕上げに乾いたきれいな布で拭きます。

 

②ビニールクロス

・ブラシではたいたり、掃除機をかけて表面の汚れを落とします。

水拭きができるので比較的簡単に汚れを落とせますが、

その際は継ぎ目の間に水分が入らないよう注意して、固く絞った雑巾で行いましょう。

・落ちにくい汚れは中性洗剤をお湯に溶かし、固く絞った雑巾で拭きとった後、乾拭きします。

さらにひどい場合は、強力洗剤をスプレーし、下から上へ拭きます。

※上から下へ拭くと、洗剤が垂れてシミの原因になりますので避けましょう。

※メラミンスポンジに少量の水を含ませて軽くこすると、汚れがよく落ちます。

 

〈ビニールクロスと紙クロス・布クロスの見分け方〉

一般的に使用されるクロスのほとんどはビニールクロスですが、中には紙系、布系のクロスもあります。

見分け方の一例として、霧吹きで水を吹きかける方法があります。

水を吹きかけた時、ビニールクロスは水をはじいたり、

下に垂れたりしますが、布系や紙系のクロスは水を吸い込みます。

少し見えにくいですが、弊社のカットサンプルで実際に試してみましたので、ご参照ください。



水滴が残ったり、下に垂れたりします。



水を吸い込み、水シミができます。

 

クロスは床よりもデリケートですので、お手入れの際は、

ゴシゴシ強くこすらず、優しく丁寧に扱ってくださいね。

 

次回はクロスについてしまったカビやたばこのヤニの

除去方法などをお伝えしていきたいと思います。

 


住まいのお手入れ②

こんにちは!

今年の夏もうなだれてしまうような暑さですね。

さて「住まいのお手入れシリーズ」第2回目の今日は、

前回に引き続き「床のお手入れ方法」を紹介していきます!

 

③カーペット
カーペットの毛足を傷めないよう、毛並みに沿ってこまめに掃除機をかけましょう。

掃除機で取り除けない髪の毛や綿埃などは、粘着ローラーを使います。

天気の良い日は風通しを良くすることで、余分な湿気が放出され、カビの発生を防ぎますよ。

月に1回程、カーペット用洗剤や住宅用洗剤を使って全体のクリーニングをします。

(1)ぬるま湯で薄めた住宅用洗剤を固く絞った雑巾で、カーペットの毛並みに沿って、汚れをこすりだすように拭く

(2)1と反対方向に向かって拭く

(3)最後に乾拭きを行う

床から外せるタイプのカーペットは、年に1回、裏返して半日ほど干し、

裏側から軽くたたいて、奥に入り込んだ埃を出します。

2年ごとに専門のクリーニング業者に依頼し、お掃除していただくと安心です。

 

④ビニール系の床(クッションフロアなど)
掃除機でごみを取り、固く絞った雑巾で拭きます。

汚れが内部まで染み込むと取れにくくなりますので、

汚れたらすぐに拭き取りましょう。

 

⑤玄関の床

玄関の汚れの主な原因は、屋外から持ち込まれる、砂や泥によるものです。

玄関マットを置いたり、庭先やポーチの砂や泥を掃除するのも、

室内に汚れを持ち込まないために有効です。

湿らせた新聞紙をちぎって床にまき、ホウキで掃くと細かい埃や砂まできれいになります!

週に1回程、ポーチの水洗いをします。タイルの目地は歯ブラシでこすり、

汚れがひどい部分は住宅用洗剤をつけてこすり、最後に水で洗い流します。

※人造大理石や天然石(光沢のある床材)は水で濡らすと光沢が失われるため乾拭きをしましょう。
前回に引き続き、床のお手入れ方法を紹介しました。こちらはあくまで目安です。

無理をせず、日頃できる範囲でのお手入れをしていただければと思います。


住まいのお手入れ①

こんにちは!

7月も間近になり、30度を超える日々が続いております。

みなさまどうぞご自愛ください。

 

さて、みなさまは普段、お住まいのお手入れについて、どのようにされていますか?

今月より月に1回程度、お住まいのお手入れの仕方について、ご紹介していきたいと思います。

 

第1回目の今日は「床のお手入れ方法」についてご紹介します。

 

①フローリング
板張りの床は水に弱いため、日常のお手入れはなるべく水を使わないことが基本です。

(現在は集成フローリングなど、比較的耐水性に優れた床材もよく使用されています。)

大きなゴミや埃は、ホウキや掃除機で取り除きます。

念入りに掃除する際は、市販のお掃除シートなどで拭き取ります。

 

水や醤油などをこぼしたときは、乾いた雑巾ですぐに拭き取りましょう!

乾拭きでも落ちない汚れは、水で固く絞った雑巾で拭き取った後、乾拭きします。

 

定期的にワックスがけをすると、擦りキズ・シミの予防や、ツヤを保つために効果的ですよ。

 

水性ワックス:2~3ヶ月に1回程度

樹脂ワックス:2~3ヶ月に1回程度

油性ワックス:1ヶ月に1回程度

※上記の時期は一般的な目安ですので、あらかじめ使用するワックスの表示をご確認ください。

 

②たたみ
たたみは直射日光にさらされると、黄色く変色するので注意が必要です。

また、カーペットなどを上に置くと、蒸れてカビやダニの原因となりますので、好ましくありません。

 

日常のお手入れは、たたみの目に沿って、ほうきや掃除機で毎日掃除をしましょう。

それでも埃が気になるときは、お湯で固く絞った雑巾で拭いた後、乾拭きを行います。

 

たたみを拭く際、酢水(酢1:水4)で拭くと、たたみの日焼けを少し遅らせる効果があります!

 

たたみ干しは、スペースが無いとなかなかできませんが、

畳の下にビンや缶を置き、空気を通すだけでも効果があります。



 

今回はフローリング、たたみのお手入れ方法を取り上げてみましたが、

やはりこちらを定期的にこなすとなると、精神的にも体力的にもきついですよね・・

 

まずは、“フローリングやたたみは乾拭きする”など、基本的なことをおさえて、

日ごろできる範囲でのお手入れをしていただければと思います。

 

また最近ではノンワックス製の床材も多くありますので、

ご自宅の床材に合わせてお手入れを行ってくださいね。

次回は今回ご紹介できなかった、タイルカーペット、ビニール系床材(クッションフロア等)、

玄関タイルのお手入れ方法についてご紹介したいと思います。