収納の工夫㉘ 夫婦2人暮らしのライフスタイルに沿った間取り・収納3

今週は「夫婦2人暮らしのライフスタイルに沿った間取り・収納」のご提案最終回です。

 

今回はシニア世代(60代~老後をゆっくり過ごす世代)の2人暮らしについてご紹介します。

シニア世代は仕事がひと段落され、今からお2人の時間を大切に過ごす時期です。

またはお互いのそれぞれの時間を有意義に過ごしたいという方もいらっしゃるかもしれません。

また、誰しも年を取ってくると少なからず体の衰えがやってきます。

ですからなるべく快適にすごせるよう、段差をなくす、手すりを設ける、床を滑らない素材にする、

生活動線をシンプルにするなどの工夫をしながら、

お2人の希望に沿った穏やかな生活が送れるような工夫が必要です。

 

【間取りのポイント】

・移動、動作のしやすさを考慮する

(段差をなくす、手すりを随所に配置、滑らない床)

・シンプルな動線の間取りにする

・寝室を分ける場合は安全性を確保(安否の確認ができること)

 

 

この世代のお2人暮らしの事例をご紹介します。



お2人でのんびり過ごすのに最適なコンパクトな平屋の住宅です。

真ん中にリビングを配置し、食事やテレビを共にできます。

お孫さんやお子様が遊びにいらっしゃった際は和室に寝泊まりができます。

収納は台所奥に大きい納戸が設置され、

キッチンのパントリーや洗面脱衣室の収納としても利用できます。

勝手口から買い物の荷物や庭の家庭菜園でできた野菜を直接運び込んだりもできます。

1箇所にまとめることでどこに何を置いたかわからなくなることを防止できます。

 

また、各自の部屋を左右に配置しお互い自分の部屋を好きに飾り付けたり、

夜も好きな時間に就寝することができます。

収納も各部屋一面にたっぷり取ってあり、たくさん入れることができます。

この間取りならば適度な距離をとりながら自分の時間を思う存分楽しむことができるでしょう。

お互いまだ思う存分動ける間は、万が一に備え部屋の入口引戸にすりガラスやスコープなど、

中の様子が伺える工夫があると安心かもしれません。

どちらかが体が不自由になった場合は扉を開けておけばリビングから様子がうかがえます。

その際は建具を大きく開けることのできる和室を寝室にすると心細さも和らぐかもしれません。

 

お互いに歳を取り、穏やかに過ごしたいというシニア世代の方の

第二の人生に寄り添った住まいのご参考になればと思います。

 

3回にわたって「夫婦2人のライフスタイル」を年代別にご紹介して参りました。

夫婦2人といっても様々なかたちがあります。

ご要望に沿った住宅づくりを弊社では行っておりますのでお気軽にご相談ください。


収納の工夫㉗ 夫婦2人暮らしのライフスタイルに沿った間取り・収納2

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

今年も社員一同一丸となってお客様のご期待に応えられるよう

邁進してまいります。

 

さて、新年最初のブログは、収納計画シリーズとなります。

内容は前回のこちらの記事の続きです。

よろしければご覧ください。

 

今回はミドル世代(40~50代の落着いた自由な世代)の2人暮らしについてご紹介します。

この年代になると生活も落ち着いてきて、2人の好きなように生活することができます。

趣味に使える時間も充実させたいのでそのスペースも取りたいところです。

また、昨今様々な働き方があり、家で仕事をされる方も増えてくると思いますので、

ワークスペースを充実させるのも良いでしょう。

また、お互いの生活リズムを考えて、時間にずれがある場合には共用のスペースを

寝室と離して配置するなどの工夫もあると良いかと思います。

【間取りのポイント】

・お互いの趣味スペースやワークスペース充実させる

・ほどよいプライバシーを保つ

・お互いの生活リズムや動線に沿った間取りにする

この世代のお2人暮らしの事例をご紹介します。



ご夫婦お二人でお住まいのお宅です。1階は必要最低限にコンパクトにまとまっています。

また、各所に用途に応じて収納スペースが設けられています(玄関土間・食品庫・薪ストーブ廻りなど)。

LDK横の和室は来客用としてはもちろん、ご夫婦が年齢を重ねた際には寝室として利用もできます。

2階の寝室に大きめなWICを配置することで寝室はスッキリします。

また、フリースペースは文字通り自由に使用できるため

趣味のスペースとして大いに利用できそうです。

また、書斎も設置されており、テレワークなどの自宅でのお仕事にも対応できますし、

もし共同でお仕事されるなどの場合はフリースペースを仕事場としても利用できるでしょう。

 

今回は自由にいろいろなことができるミドル世代にぴったりな

充実したお家時間を過ごせる事例をご紹介しました。

ご参考になれば幸いです。

 

次回は、シニア世代(60代~老後をゆっくり過ごす世代)の

夫婦二人暮らしのライフスタイルについてご紹介したいと思います。

 


収納の工夫㉖ 夫婦2人暮らしのライフスタイルに沿った間取り・収納1

家づくり=子供ができて考える、という方ももちろんたくさんいらっしゃいますが、

様々な夫婦の形が増えている現代において、

ご夫婦お二人のご家庭も増えてきていると思います。

 

夫婦2人暮らしの間取りを決める際、ご夫婦の年代もひとつの重要なポイントとなります。

 

そのご夫婦の年代は大きく3つに分けられます。

・20~30代の変化に富んだ世代(ヤング世代)

・40~50代のある程度落着いた世代(ミドル世代)

・60代~老後をゆっくり過ごす世代(シニア世代)

 

年代に応じて家に求めるものも変わってきます。

自分たちの現在の生活スタイルと将来のライフプランを念頭におきながら、

間取りや収納の在り方を考えていきましょう。

 

ここからは3回に分けてそれぞれの年代においてどういうことを

重視したらよいかをお話ししたいと思います。

 

まず、第1回はヤング世代(20~30代の変化に富んだ世代)についてお話しします。

20~30代は今後家族が増える可能性が高く、

子供部屋などをあとから作れるフレキシブルな間取りにしておくと後の家族の変化に対応できます。

また、収納も多めにしておくと家族が増えた場合に対応が可能です。

フリースペースを設けておくと、お子様が小さい場合はプレイスペースとして使用できますし、

子供がいない間はそのスペースを趣味や仕事のスペースとして使用できます。

 

【間取りのポイント】

・各室のスペースを広く取り、将来間仕切で部屋を作れるようにしておく

・フリースペースを設ける(将来いろんな使い方ができる)

・広めのWIC・納戸を作っておき、収納の余白を作っておく

 

それでは間取りの事例をご紹介します。



1階に夫婦の寝室、LDK、水廻りを設けており、

2階に子供室とフリースペースを設けた間取りです。

将来お子様が増えた場合でも子供部屋が2階に3室設けることができます。

(小屋裏収納もあり、収納力も抜群です)

リビングも広々として、かしこまったお客様をお招きする和室も併設されています。

また、将来ご両親が同居するとなった場合も、出入りのしやすい1階の寝室を両親のお部屋にして

2階のフリースペースを自分たちの寝室として使用することもできます。

このように様々なライフスタイルに対応できるスペースがあると

予想できない将来の変化に対応ができます。

これから家族が増える楽しみにあふれたお2人のお家づくりのご参考になると幸いです。

 

 

次回は40~50代(ミドル世代)の夫婦二人暮らしのライフスタイルについてご紹介したいと思います。