収納の工夫㉕ 土間収納・収納の様子

こんにちは。

今回は、キッチンパントリー第2弾です。

前回は、キッチンパントリーの配置や動線について、図面で説明いたしました。

前回の記事はこちらから

 

今回は、実際の収納の様子や土間付き収納をご紹介いたします。

皆さんは、キッチンパントリーを計画する際にどんな点が気になりますか?

キッチンの近くに収納したいものは案外とても多いものです。

これだけあれば十分と思っていたら収納スペースが足りなかったという

経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

パントリーを作る際には是非使い方を今一度よく考えて計画することをお勧めいたします。

では、施工例を見ていきましょう。

【施工例①】



こちらは、広さ3帖ほどの大きなパントリーです。

右側の棚の奥行きは深く、左側の棚の奥行きが浅くなっております。

奥行きが深い棚には大きなものを、奥行きが浅い棚は小さいものを収納できます。

浅い棚の方は小さいものを置いても何が置いてあるかわかりやすいですし、取り出すのも簡単です。

棚は可動棚ですので、高さは自由自在。背の高いものを置くこともできます。

広めのパントリーは何でも置けちゃうので使い勝手もよく収納できる量が半端ないです!!

少し雑然としてしまっても、扉を閉めると隠せるのでリビングからはスッキリと見えます♪

 

【施工例②】



こちらは、階段下収納を土間にしています。

土間にしている部分は、夏場でもひんやりしているので、

お米や野菜などの食材を置くのにも最適です。

野菜室には入りきれない野菜を置けるスペースがあるのはとても助かりますよね。

左側3段ある棚も可動棚となっており、

高さを変えたり枚数を増やしたりできるのでとても使いやすく便利です。

食材以外の物も色々と収納できそうですね!!

 

【施工例③】
こちらは、我が家のキッチンパントリーです。階段下を活用しています。

勝手口の土間は、ゴミ箱置場としても活用してます。

こちらもすべて可動棚ですので、高さを自由自在に変えることができます。

奥行きは右の写真も左の写真も30cmです。

ちょうどいい感じの奥行きで使いやすいです。

実際使ってみると、想像以上に棚に置く物あります!!

(実はまだまだ置きたい物あります!!!)

 

使いやすいキッチンパントリーを計画する際のキーポイントは、

可動棚をどれだけ活用できるかにあるような気がします。

 

施工例①のように十分な広さを取れない場合でも、

棚を上手に活用することで少しでも収納量を多くできるのではないでしょうか。

 

こればっかりは使ってみないとわからないものですが、実際の収納写真をみることで、

自分だったら何を置くのか想像していただき、

理想のキッチンパントリーを作っていただければ幸いです。

 

平野設計室では、設計士、収納アドバイザーがライフスタイルに合わせた収納を

ご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

 


収納の工夫㉔ パントリー周辺動線

こんにちは。

今回はキッチンパントリーについてご紹介したいと思います。

パントリーとは、キッチンに隣接してある食品庫のことで、

最近ではお客様からのご要望も増えてきています。

キッチン周りは細々したものやかさばる物が多いので、

収納力抜群のパントリーがあればキッチン周りをスッキリ見せることができます。

 

【施工例①】



こちらのお住まいはキッチン横にパントリーを設けています。

冷蔵庫にも近いので、買ってきたものを冷蔵庫に入れるものと

常温で保存するものをスムーズに分別して片付けることができます。

キッチンで作業するとき、必要なものをパントリーや

冷蔵庫にすぐに取りに行く事ができます。

 

【施工例②】

こちらのお住まいは、キッチンと勝手口の間にパントリーを設けています。

買ってきたものを勝手口からすぐに収納でき、かつ調理の際はすぐに取り出せます。

ウォーターサーバーのストックボトルなど重いもの収納に特に便利です。

また、パントリーにゴミ箱を置くこともでき、

ゴミ出しもリビングを通らずに勝手口から出すことができます。



施工例①も②も

内部はそれぞれの住まい方に合わせ、

収納にも可変性を持たせるため、可動棚を用いてます。

またどちらもウォークイン(スルー)タイプにしています。

ウォークインタイプは何が収納されているか一目で把握でき、

掃除がしやすいのも特徴です。

また扉を閉めれば隠せるのでキッチン周りをスッキリさせることができます。

 

パントリーの利用方法はご家庭によって様々です。

平野設計室ではお客様のライフスタイルに合わせた

ご提案をさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

 


収納の工夫㉓ ウォークインクローゼット ③

過去2回のブログで、ウォークインクローゼットを

生活動線から考えた配置についてご紹介しました。

今回はウォークインクローゼットの内部の考え方についてご紹介いたします。

 

【施工例1】

こちらはスタンダードなタイプで、両側に枕棚とステンレスパイプを

取付けたものです。

取付高さは自由に設定可能で、身長に合わせたり、

上に大きなものを乗せたり出来ます。



 

【施工例2】

こちらはステンレスパイプを2段にしたタイプです。

こうすることで同じスペースでも洋服を掛けられる量を増やすことが出来ます。

1段の部分には、ロングコートを掛けたり、床に衣装ケースを置くこともできます。



 

【施工例3】

こちらは腰の高さに棚板を一段設けています。

お布団を収納するのに最適なスペースです。

また、壁を調湿性能のある杉板張りで仕上げることで、

寝具にこもりがちな湿気を吸収してくれます。



 

【施工例4】

最後はウォークインクローゼットの中に可動棚を設けたタイプです。

衣類以外にも様々な日用品を収納する際には、パイプだけではなく

棚板もあると便利ですね。

可動棚の場合、棚の高さを変えることができるので、

置くものの大きさに合わせて取付が可能です。



 

クローゼットの理想の形は、お住まいになる人それぞれ異なります。

今ある衣類や荷物をリストアップして、理想の収納を思い浮かべてみるのも

楽しいかもしれませんね。