内覧会実施中!

南区田井島にて、お客様のご厚意により完成内覧会を実施させていただいております。

昨年より取り組んできました、「SIMPLE NOTE」の第一号物件です。

SINPLENOTEの紹介ページはこちら

https://j-hirano.co.jp/simplenote/

 


一見すると窓の少ないシャープな外観。

近隣の方々も、「建物の中はどうなっているのか」

と興味を持たれていたようです。

 



そんな外観のお住まいですが、一歩足を踏み入れると明るい中庭が。

南側に窓がなくても、この中庭から家全体を明るく照らすことが出来ます。

壁に囲まれた空間なので、人目を気にすることなく過ごすことが出来ます。



LDKは吹抜けになっていて、立体的で解放感のあるつくりです。

ここにも中庭からの光が差し込みます。

 


洗濯機の横には大きな物干しパイプと乾燥用のエアコン。

共働きで日中不在だったり、雨が続く日でも安心です。

 


お客様こだわりの家庭用サウナルーム。

家の中で贅沢な時間を、好きな時に過ごすことが出来ます。

(隣にはお風呂があるので、水風呂としても利用できます!)

 

こちらのお住まいはお客様のご厚意で5月9日まで完成内覧会を

開催させていただいております。

ご予約いただければいつでもご見学いただけますので、

是非ご連絡ください!


住まいのお手入れ⑫

こんにちは!

住まいのお手入れ第12回目です。

 

今月は建具のお手入れ方法をご紹介いたします。

建具とは、ドアや窓のことを言う専門用語です。

建具のお手入れについては来月と2回に分けて投稿したいと思います!

 

〈玄関建具〉

ちょっとした不具合(キズや塗膜の剥がれなど)も、

長時間放っておくと徐々に大きなゆがみになるので、

気になることがあれば、早めに対処します!

・表面塗膜には優れた耐久性、耐候性を持つ塗料を使用していますが、

シンナーやベンジンなどを使用すると塗膜が剥がれる恐れがあります。

・ドアに重いものを下げると重みでドアがきしみ、蝶番を壊したり、

ドアクローザーを傷める原因になりますので避けましょう。

・レールに砂や小石がたまると戸の開閉に支障がでますので、

日頃からサッシブラシなどで取り除きます。

・2~3年を目安にゆがみや隙間が無いかを点検し、随時建付調整を行います。

 

〈木製ドア・引戸〉

・柔らかい布で乾拭きしましょう。

汚れがひどい時は住居用洗剤をぬるま湯で薄めたもので拭きます。

・泥などが付いた場合は、水かお湯で拭き取り、

その後十分に乾拭きをし、湿気を残さないようにしましょう。


 

〈ドアノブ・蝶番・ドアクローザー〉

・ドアノブは手あかで汚れているので念入りに拭きましょう。

・ドアノブのくもりが気になるときは、歯磨きや金属磨きを使用します。

・蝶番は重荷がかかるため、定期的に固定ねじを締め、

回転部分にシリコンスプレーを吹き付けましょう。

・ドアクローザーは年に2回程度、速度調節弁を調整します。

※ドアクローザー内の油の軟度の違いから、夏と冬ではドアの開閉速度が若干違います。

 

※※ドアクローザーの調整は方法を誤ると、ドアに挟まれることがありますので、

説明書をよく読んでから行うか、弊社までご連絡ください!

 

他にも以下のようなことでお困りの際は、ご相談ください。

・ドアの閉まりのスピード不調

・引戸の開閉が重い

・ドアの開閉がスムーズにいかない

・ドアの鍵がかかりにくい

 

 

また、弊社で新築されたお客様については、定期的にアフターメンテナンスを行っていますので、

緊急事態でなければその際に仰っていただいても大丈夫です(^^)

 

 

来月はサッシのお手入れ方法についてご紹介したいと思います!

 


住まいのお手入れ⑪

こんにちは!

住まいのお手入れ第11回目です。

 

今日はトイレのお手入れ方法をご紹介いたします!

 

トイレは放っておくと、尿成分と空気中の炭酸ガスが結びつき「尿石」という、

頑固な汚れに変化します。

気付いたときにすぐにお手入れを心がけましょう!

 

〈便器〉

・汚れた時は、すぐにペーパーなどで拭き取っておきましょう。

・月に1回程度、トイレ用洗剤を付けて、念入りに掃除しましょう。

臭いの原因となりやすい、便器のフチやフタのネジ部分も

歯ブラシなどを使ってきれいにしましょう。

 

※TOTOやリクシルは、陶器の便器が主流ですが、パナソニックの便器は樹脂製のものがあります。

樹脂製の便器は、たわし式のブラシでこするとキズが入り、汚れが付着しやすくなります。

専用のスポンジ式のトイレブラシでお手入れしましょう!

 
〈便座〉

・使用後(1日1回でも良いと思います!)はトイレ用クリーンペーパーなどで掃除します。

・週に1回程度、洗剤でお手入れします。

汚れ部分に洗剤をかけ、しばらく置いた後、歯ブラシやスポンジで軽くこすります。

最近のクリーンペーパーは除菌効果があるものが多いので、

そちらを使用する場合、洗剤は不要です(^^)

 

〈換気扇〉

・埃がこびりついてガラリを塞いでしまうと、性能が低下します。

日頃から埃を掃除機などで除去しましょう。

時々はルーバーを外し、中のファンも掃除します。

※種類によって異なるため、各取扱説明書をご確認ください。

 

〈タンク〉

・手洗い付きタンクの水垢などは、トイレ用洗剤やクリームクレンザーで拭き取ります。

通常の掃除できれいにならない場合は、クエン酸を溶かしたお湯を、

キッチンペーパーに浸し、汚れている箇所に30分くらい当てて湿布します。

その後少し硬めのスポンジなどで優しくこすってください。

※それでも汚れが目立つようであれば、同じ工程をもう一度繰り返してください!

 

〈床〉

・床に飛び散った尿は、臭いの原因となるので忘れずに拭き取りましょう。

すぐに拭き取れば洗剤を使わなくても落とせます。

・クッションフロアの場合は、中性洗剤を付けて拭きます。

その後必ず水拭きをし、洗剤分を落とします。

・タイルの場合、汚れのほとんどがカビです。

洗剤を薄めてブラシでこすってください。それでも取れない場合は、

塩素系漂白剤を流してしばらく置き、水で流し、たわしでこすります。

 

※危険※

塩素系漂白剤と酸性洗剤は、混ぜると有毒ガスが発生して

大変危険ですので、絶対に混ぜないでください!!

また塩素の臭いで気分が悪くなる場合がありますので、

窓を開けたり、換気扇を回すなどしましょう!

 

最近のトイレは家事負担の軽減がテーマの商品が多く出ており、

節水などがかなり省エネです。

新築に限らず、部分的にリフォームしたい・・・という方もどうぞお気軽にご連絡ください(^^)