アクセス

水道管の凍結、破裂にご注意ください

  • 2016年01月23日
1月24日(日)から翌25日(月)にかけて、熊本地方では
気温が大幅に下がる箇所がでる可能性があるとの予報が出されています。

 

水道管の水が凍って出なくなったり(凍結)、
水道管が破裂する恐れがあります。
いざという時に慌てず対処できるように、下記のご対応をおすすめします(熊本市上下水道局より)。

 
【予防法】

①じゃ口から鉛筆の芯ぐらいの水をお休み前から一晩中流してください。
(バケツ等に水をため、再利用しましょう。)
②ソーラー温水器やボイラーは、元栓を閉め水抜きをしてください。
③屋外に露出している水道管は、毛布や保温チューブなどを巻いて保温してください。
④朝方は水道管の水が凍結して出ないことがあります。水のくみおきをしてください。
水道管が破裂したときに水を止めるため、
メーターボックス・リングバルブ(水道の元栓玄関そばにあることが多いようです)の
位置を事前にご確認しておいていただくとよいです。

 
【凍結した時】

お昼になって気温が上昇してくると水は出るようになります。
急ぎで水が必要な場合は、慌てず、凍った部分にタオルなどをかぶせ、
ぬるま湯をゆっくりかけて溶かしてください。
(熱湯はダメ)

 

 

【水道管が破裂した時】

必要な水を入れ物に確保されたうえで、
リングバルブ(水道の元栓)か止水栓を閉め、水を止めてください。
水が止まらない時は、破裂した部分にタオルやビニールテープを巻いてください。
すぐ当社までご連絡ください。

 

 
お困りごと、ご不明な点がございましたら下記までご連絡ください。

■ご連絡先■
株式会社 平野設計室
TEL 096-378-7091
FAX 096-379-5722