Q海の近くに家を建てたいのですが、潮風は家に良くないのですか?

A

海の近くに家を建てるときに、一番心配されることはサビだと思います。
樋・屋根材・アルミ枠が錆びやすいですね。
しかし、今対策してある金属が多いですよ。
直接、波しぶきがかからないのであれば、
そんなに心配する必要はないかと思います。

海のみえるロケーションを活かし、
夕日が見えるデッキやガラス張りの浴室など、
広く設けて、風景を楽しむようにしましょう。

海岸近くの、風や日差しは違いますので、
暴風・日差し対策はしっかりしましょう。
また、以外と多いのがシロアリです。
防虫対策もおこなうといいと思います。
地盤調査は必ずしたほうが良いですよ。

Q土地探しをしています。将来、周囲に大きな建物が建つか事前にわかりますか?

A

市役所や役場に行くと確認できます。
(しかし、何年ケ後に変わる可能性があります)
地域によって、建物の高さの制限や建ぺい率などが違いますので、
その土地を調べましょう。

購入予定地の周辺に大きな建物が建つのだろうか・・・と心配するよりも、
地盤、ガケ、下水道、給水や
近隣関係、日当たりなどに重点をおいたほうがいいかもしれませんね。

また、土地を購入する時に、投資的にみてもよいかどうか
チェックするのもいいですね。
次世代に譲るとき、価値あるものかどうか、
そういう視点からみるのも、おもしろいかもしれませんね。

Q手入れのいらない庭をつくりたいのですが・・・

A

手入れしたくなるような庭造りをされるとよいでしょうね。

家庭菜園スペースを造り、季節を楽しんだり、収穫も楽しみになりますよ。
果樹もよいでしょうね。(みかん・ぶどう・柿・・・)

木を植えるのもいいですね。
なるべく、剪定不要の木にしたら、お手入れも簡単ですし、
シンボルツリーにもなります。(落葉樹、季節感があるもの)
他は、底木を選び、クローバー、ハーブなども花や香りを楽しめます。

リビングからのつづき床のウッドデッキやテラスもよいでしょう。
バーベキュースペースとして活用もできます。

一番気に名qるのが草取りですよね・・・
泥の中に、防草シートを引き、その上にまた泥をかぶせて砂利などをひくと、
ある程度草は生えてこなくなると思います。

楽しめる庭造りをぜひ検討されてくださいね。

Q見積金額のチェックはどうすればよいですか?

A

  見積のチェックは難しいと思います。
新築の場合でもなかなか・・・
詳細の設計図面を作成して、何件かの業者に見積依頼すれば
価格比較は可能かもしれませんが、
その場合、図面代や管理代が別途必要になると思います。

施主さんの説明や要望だけですと、各業者の見積内容が違ってくるので、
その比較は無理だと考えましょう。

金額だけでなく、信頼できるかどうかです。
見積金額よりも、信頼できる業者選びをしましょう。

Q自然な光・風・緑を取り入れたいけど、どうすればいいですか?

A

南面には、メインルーム・リビング・和室・寝室等を配置したいため、
浴室・トイレ・廊下等は、北側に配置する事が多いです。
特に廊下は両側を部屋に挟まれて、採光がとれないのが多いです。

間取り設計を工夫しましょう。
中庭、光庭を設けて、浴室・トイレ・廊下に面したり、
廊下の突き当たりを窓にするのもよいでしょう。
廊下からの居室の入口建具をガラス戸(採光付)にしたり、
ランマ部分を採光窓にすると、光がとれます。

光・風・日射等、平等に与えられた自然のものを有効に活用しましょう。
設計を充分に検討する事は最も大切なことです。

しかし、窓ばかりでは、耐震・耐力・断熱・遮音に問題ありなので、
季節により、使い方をコントロールできる間取り、窓の配置などを
十分に工夫しましょう。