Q クモの巣撃退法を教えて下さい。

A

クモを害虫を退治してくれる益虫であると同時に、巣を張って美観を損ねるという困り者でもあります。
部屋に入ってくるのは気密性を高めないといけないです。

 朝からほうきで巣を除去しましょう。
毎日で大変な場合はホームセンター等にクモの巣用の薬剤が売ってあります。それを頻繁に吹付けましょう。

Q古い住宅街に新築する際の庭や外観の工夫を教えて下さい。

A

古い町並みということなので、だんだんと建替えが始まってくるのではないでしょうか?
ですから無理に周りに合わせないといけないと思い込まなくてもよいと思います。 
見本となるような新築を建てて、町並みのリーダーシップになりましょう。

 外観を和のデザインにする工夫は色々できます。
格子を付けたり、落着いた色で隣の建物と雰囲気を合わせます。

 BBQをして近所に迷惑が掛からない工夫は、塀を高くしたり、
2階にLDKをもってきて、ベランダを広くとるとよいでしょう。
その場合ベランダの床を耐火にすることを忘れずに!

 また、中庭タイプの家にしたり、コの字型、L字型にしてサンデッキでBBQをしてもよいですね。

Qオール電化の利点は何ですか?

A

 オール電化はご存知の通り、熱源を全て電気にすることです。
今まではガスコンロの住宅が大半でした。
オール電化では火を使わないIHヒーターで料理をします。
 
 火を使わないので安全で、IHヒーターはフラットな面なのでお掃除も楽です。
清潔で、二酸化炭素の発生も元来の半分になります。地球環境に優しいといえるでしょう。
 
 暖房器具などでも電気式にすると灯油を入れる面倒が省けますよね。

 光熱費の面では、電気代を時間別に料金設定が変化するプランで契約します。
夜の10時〜朝8時までは通常電気料金より安くなる設定プランなど、いくつかの料金プランがあります。
電気会社で夜に作った電気が余らないようにするために、深夜料金が安くなっているのです。
これを上手に利用できれば、家計の節約にもなりますね。

 不利点としては、停電の場合に作動できないということが挙げられます。
予備でカセットコンロを1台常備しておいたがよいです。

 また、IHヒーターや電子レンジは電磁波が発生します。
今のところ電磁波が身体に害を為すという根拠は発見されていませんし、結論も出ていません。
今後の研究で明らかになっていくでしょう。

Q自然素材のよいところって何ですか?

A

自然素材には木、土、紙、泥、石、石、布などがあります。

 畳、木、漆喰塗り、珪藻土の壁は調湿効果があります。
木は紫外線を吸収し、目に優しいです。
他にも、断熱効果、吸音作用もあります。

 癒しや優しさに繋がり、お子さんを育てる環境にとてもよいと思います。
 
 また、木造の家は火事の時に木が炭になるので、燃え広がるまでに時間がかかり、
鉄骨造の家より耐火性があると言えます。 

 現在、壁や天井はビニール系のクロスが主流ですが、
その中にも珪藻土入りクロスや、マイナスイオン発生クロスなど、多種多様なクロスが出回っています。
珪藻土を左官屋さんに塗ってもらうより、安価に手に入ります。 
 
 無垢素材、天然素材は肌触りや健康面で、非常に良いですが、
汚れやすい、傷付きやすいなどのメンテナンス的なデメリットもあります。
素材を上手に盛り込んでいくのがポイントですね。

Q畳について教えて下さい。

A

和モダンブームで畳も色んな種類が出てきています。
近頃はヘリなし畳が流行していますね。

 畳は伝統的な床材で、高温多湿な日本の気候に合ったものです。
安らぎと落着きを与えるものでしょう。

 畳の部屋というものは居間になったり、寝室になったりと多目的に利用できるメリットがあります。

 昔は寸法、形が決まっていましたが、現在の技術で多角形の形であったり、
厚さを調整して作ることができます。

 畳のヘリや折り目の色、デザインも様々で、部屋のコーディネートから選ぶことができます。
ヒ ゚ ン ク、黄色、紫といった奇抜な畳色もあるんですよ!

 また一押しオススメ商品として、風呂場に敷く畳というものがあります。
足元が冷えずに、直接座れたり、お子さんと一緒に入る方に便利ですよ。
軽くて、乾きも早く、滑りにくいです。