Qツーバイフォー工法って何ですか?

A

2インチ×4インチの壁構造で組み立てていく工法です。
角材と構造用合板を釘と接着剤で繋げていきます。
簡易耐火工法として法的にも認可されており、地震に強く、気密性に優れます。

一般的に多い軸組み工法は梁と柱の構造で建物を支えていくものです。
こちらは全体の60%程度を占め、大工の高い技術が必要です。
ツーバイフォーは壁構造なので、軸組み工法の方が窓などの開口部を大きくとることが出来ます。

他にプレハブ工法などもあります。

Q住宅の保証期間はあるのですか?

A

平成12年に法律で10年保証が定められました。
住宅を建てる際、トータルで請け負った建築業者が施主に対して保証するものです。

柱などの構造体は10年ですが、床、壁は消耗品なので1〜2年の保証になります。

また、民間の保証機関もあります。有料ですが建てる段階から第3者の目でチェックを行なうので安心です。
こちらも保証期間は10年です。

Q傷付いたフローリングの補修はどうすればよいですか?

A

ホームセンターで床補修キットが購入できます。
補修の際、床の色を合わせるように気をつけて下さい。
傷よりも目だ立ってしまってはもともこもありませんからね(^^;)

ムク材が使用されているところは、木の性質が生かされますから、部分的に水で湿らせて布の上からアイロンをかけると
木が膨張して傷がなくなります。

また、乾くと透明になる木工用ボンドに木屑を混ぜて、絵の具で色を付け補修しても良いでしょう。

Q庭のX'masイルミネーション用に、コンセントを取り付けたいんですけど…

A

外用のコンセントを取り付けなければなりません。
雨に濡れないように下向きでカバーがついているものです。
取り付け費は配線場所、数量にもよりますが2万円程度になると思います。

現在多く使用されている発光ダイオード(LED)の電気容量は小さいので近くのコンセントから引いてきてもよいと思いますが、
気合の入ったものを飾りつけする方は、ブレーカーが落ちてしまうこともあるので、専用回路を分電盤から引く必要があります。

配線計画を工務店などに相談しましょう。

Q家を建てる際、木材をプレゼントしてくれるところがあると聞いたのですが?

A

はい、年に4回“熊本県木材協会連合会”というところが実施しています。
新築、マンションリフォームの際、90本以内で木材がプレゼントされます。
90本以内に該当するものなら、内装材、梁、合板シートでもOKです。

抽選形式なので、事前に図面など、必要な書類(建築場所の地図、平面図、立面図、確認通知書)を揃えて
提出しなければなりません。

詳しくは096-382-7919 熊本県木材協会連合会にお問い合わせください。