Q住宅に地下室を作りたいのですが可能ですか?

A

可能です。ただし用途に応じてドライエリア(通風・採光)をとらなくてはなりません。
 また、湿気対策や防水対策も施さなくてはなりませんので地上に1階を施行するよりコストアップになります。防音性が高いので楽器の演奏室などに最適です。

Q足腰の弱くなった母親との同居を考えています。 どのような事に配慮をすればいいですか?

A

高齢者や障害者との同居の場合、その人の身体的に不自由な部分によって様々あると思われますが、基本的なことは次のような事に配慮してみて下さい。
(1) 床の段差をなくす。
 室内はもとより、室内〜屋外がつながるところはスロープを設ける。
(2) 手すりの取付
 玄関、廊下、浴室、老人室等、外部のスロープ等
(3) 建具の巾を広くとる
 主に引き戸にして、取っ手は大きいものを取付る。
(4) 滑らない床材を選ぶ
 転倒防止
(5) 老人室とトイレを近くに配置する
 老人室とよく使う部屋(トイレ・脱衣室・浴室・食事室など)は  動線を考えた間取計画をする
(6) 将来、車イスや介護スペースを想定した間取りプランを考える

以上は本当に基本的なことです。同居する高齢者や障害者に直接意見を聞くことも大事です。