収納の工夫⑦ キッチン前収納カウンター(施工例ー2)

今回もキッチン前カウンターのご紹介です。

前回は扉のないオープン型をご紹介しましたが、

今回は扉がついて中が見えない、クローズ型の施工事例です。

 



開きタイプの扉付き。

内部は可動式の棚板を設けてあるので、収納内容によって

高さを変えることができます。

こちらのお宅は小物を収納するために、

上部には引出しもつけています。

 


こちらも開きタイプの扉付きです。

右下のスペースはお掃除ロボットの基地です。

このように自由な形に造ることができるのも

注文住宅のメリットです。

 


側面のスタディカウンターと一体になったタイプです。

角を丸く加工することで安全面にも配慮してあります。

 


扉のパターンも様々で、

こちらは框(かまち)と呼ばれる枠がついています。

天井の間接照明や曲線の垂れ壁と合わせて、

デザイン性の高い空間を作り出しています。

 

クローズ型の良いところは、

・扉の中に物を収めることができるので、部屋がすっきり見える

・来客の際もプライベートなものを隠しておくことができる

などがあります

逆に欠点は

・使用頻度の高いものを入れる場合、開閉のひと手間がかかる

・飾り物を置きたい場合別途スペースが必要になる

などです。

 

オープン型、クローズ型両方にいいところがあります。

次回はこれら2つを組み合わせた併用型をご紹介したいと思います。