収納の工夫⑯ トイレ収納

こんにちは。

前回、トイレ背面収納について紹介しましたが、

今回はカウンター式の収納について紹介していきたいと思います。

【施工例1】


はじめにご紹介するのは、便器横にカウンターがついている例です。

 

こちらの写真の様に、トイレカウンターを設置するときは、

手洗鉢下部に開き扉をつけることが多いですが、収納量が多いという方は、

引戸にして全面収納という形も出来ます。

 

収納内部は可動棚を取り付けて、便座拭きシートや、

掃除用ブラシなどをすっきり収納することも出来ます。


またこちらの住宅には、エコカラットという、

調湿・消臭効果のあるタイルを貼っています。

エコカラットは高性能でデザインも豊富なので、

アクセントとして取り入れる方も多いです。

 

【施工例2】
こちらは住宅で一般的な、1畳サイズのトイレに設置したカウンター。

コンパクトなトイレカウンターですが、

掃除ブラシや便座シートなどちょっとした小物類を

収納できますので、機能面にも優れています。

 

ちなみに手洗鉢は、このようにカウンター内にすっぽりと

埋め込んで使用することも出来ます。

 

【施工例3】



こちらも【施工例1】と似たタイプですが、

カウンターがトイレの正面についている例です。

正面にカウンターを設けることで、

左右にゆとりができ、広々とした空間となります。

また車イスの回転や介護もスムーズに行えます。

 

【施工例4】


最後に紹介するのは、弊社のトイレカウンターです。

曲線を使うことによって、トイレ内部を広く見せる工夫をしています。

壁には埋め込み型のペーパーホルダーを作成し、

ペーパータオルを収納しています。

また近くにダストシュートを設け、“手を洗う→手を拭く→ごみ箱へ捨てる”

という、一連の流れを作っています。

 

カウンター内部は、ごみ箱やトイレットペーパーがまるごと収納できます。


トイレは落ち着けるプライベートな空間であるからこそ、

日頃のお手入れや、使い勝手にこだわりを持たれる方が多い場所です。

弊社ではお客様にあったご提案をしていきたいと思いますので、

ご相談がありましたら、ぜひお申し付けください!