すまいのお手入れ⑦

こんにちは!

「住まいのお手入れシリーズ」、通常は月1回更新していますが、

年末の大掃除も間近に迫ってきましたので、12月前半と後半2回に分けて更新したいと思います!

この時期特に掃除に力を入れるであろう、キッチンのお手入れについてご紹介します(^^)

 

〈キッチン〉

日常のお手入れ

・「汚れたらすぐに拭き取る」が基本です!

こびりつく前の汚れなら、簡単なお掃除で落とせます。

油、野菜くずは排水管の詰まりの原因となりますので、

普段から流さないよう、心がけましょう!

 

【ワークトップ・シンク】

〈ステンレスキッチン〉

・使用後は水で流し、水気を拭き取ります。

週に1回は食器用洗剤で磨きましょう。

※ステンレスは塩素に弱いので、塩素系漂白剤を使ったときはすぐに洗い流してください。

 

〈人造大理石キッチン〉

・住居用洗剤で磨いた後、お湯拭きをしましょう。

※ステンレスや人造大理石のキッチンに、スチール、たわし、クレンザー、

薬品等を使用すると、キズや変色の原因となりますので避けましょう!

 

〈その他補修方法〉

・ステンレスのさび:クリームクレンザー、水で溶いた重曹などで横目方向に沿ってこすり落とします。

こびりついて落ちないときは、さび取り剤をつけてこすり落とします。

・人造大理石のキズ:浅いキズなら、細かい目の耐水サンドペーパー(400番)くらいでこすります。

カケやひび割れがある場合は、当社までご相談ください!

・人造大理石の油シミ:台所用中性洗剤をスポンジに付けて拭きます。

水拭きで洗剤を取り除き、乾拭きしてください。

 

 

【加熱機器】

〈ガスレンジ〉

日常のお手入れ

・使用した後は、お湯拭きしましょう。

・オーブン内のこびりついた汚れは台所用洗剤を付け、

しばらく置いてからスポンジで拭き取り、仕上げに湯拭きします。

・五徳は台から外して、台所用洗剤やクレンザーで磨きましょう。

・バーナーはワイヤブラシでこすります。穴の目詰まりもキリなどで取り除き、

水気をよくとってから取り付けましょう。

・ガスの元栓はクッキングペーパーなどに洗剤をしみ込ませ、

くるんでおいて汚れを浮き立たせてから拭き取りましょう。

 

〈IHクッキングヒーター〉

・調理で汚れたら、余熱が残っているうちに絞った布で拭きましょう。

・トッププレートに付いた油汚れは、お湯で薄めた台所用洗剤を柔らかいスポンジに

含ませて拭き、水気を完全に拭き取ります。

※汚れを放置すると調理のたびに高温で汚れが焼き付き、焦げ付き汚れになってしまいます。



焦げ付き汚れは、汚れの上に重曹をまぶし、水を上から軽くスプレーします。

その後丸めたアルミホイルでこすると汚れが落ちます!

 

※ベタベタの油汚れは、重曹と酢を混ぜた溶液で磨く方法が有効です。

 

書き出してみるとやはり細かい作業が多いです・・

次回はレンジフード等のお手入れについてご紹介いたします!