収納の工夫㉔ パントリー周辺動線

こんにちは。

今回はキッチンパントリーについてご紹介したいと思います。

パントリーとは、キッチンに隣接してある食品庫のことで、

最近ではお客様からのご要望も増えてきています。

キッチン周りは細々したものやかさばる物が多いので、

収納力抜群のパントリーがあればキッチン周りをスッキリ見せることができます。

 

【施工例①】



こちらのお住まいはキッチン横にパントリーを設けています。

冷蔵庫にも近いので、買ってきたものを冷蔵庫に入れるものと

常温で保存するものをスムーズに分別して片付けることができます。

キッチンで作業するとき、必要なものをパントリーや

冷蔵庫にすぐに取りに行く事ができます。

 

【施工例②】

こちらのお住まいは、キッチンと勝手口の間にパントリーを設けています。

買ってきたものを勝手口からすぐに収納でき、かつ調理の際はすぐに取り出せます。

ウォーターサーバーのストックボトルなど重いもの収納に特に便利です。

また、パントリーにゴミ箱を置くこともでき、

ゴミ出しもリビングを通らずに勝手口から出すことができます。



施工例①も②も

内部はそれぞれの住まい方に合わせ、

収納にも可変性を持たせるため、可動棚を用いてます。

またどちらもウォークイン(スルー)タイプにしています。

ウォークインタイプは何が収納されているか一目で把握でき、

掃除がしやすいのも特徴です。

また扉を閉めれば隠せるのでキッチン周りをスッキリさせることができます。

 

パントリーの利用方法はご家庭によって様々です。

平野設計室ではお客様のライフスタイルに合わせた

ご提案をさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

 


収納の工夫㉓ ウォークインクローゼット ③

過去2回のブログで、ウォークインクローゼットを

生活動線から考えた配置についてご紹介しました。

今回はウォークインクローゼットの内部の考え方についてご紹介いたします。

 

【施工例1】

こちらはスタンダードなタイプで、両側に枕棚とステンレスパイプを

取付けたものです。

取付高さは自由に設定可能で、身長に合わせたり、

上に大きなものを乗せたり出来ます。



 

【施工例2】

こちらはステンレスパイプを2段にしたタイプです。

こうすることで同じスペースでも洋服を掛けられる量を増やすことが出来ます。

1段の部分には、ロングコートを掛けたり、床に衣装ケースを置くこともできます。



 

【施工例3】

こちらは腰の高さに棚板を一段設けています。

お布団を収納するのに最適なスペースです。

また、壁を調湿性能のある杉板張りで仕上げることで、

寝具にこもりがちな湿気を吸収してくれます。



 

【施工例4】

最後はウォークインクローゼットの中に可動棚を設けたタイプです。

衣類以外にも様々な日用品を収納する際には、パイプだけではなく

棚板もあると便利ですね。

可動棚の場合、棚の高さを変えることができるので、

置くものの大きさに合わせて取付が可能です。



 

クローゼットの理想の形は、お住まいになる人それぞれ異なります。

今ある衣類や荷物をリストアップして、理想の収納を思い浮かべてみるのも

楽しいかもしれませんね。


収納の工夫㉒ 洗面台収納その2

今回は洗面台収納第二弾!

 

お客様とお打ち合わせをしながら作成した

オリジナルの洗面台収納について

いつくかご紹介したいと思います。

 

作成洗面台のメリットは

デザインはもちろんですが

家族構成に合わせた洗面台の幅や高さ、

ボウルの数、収納棚等を自由に作れることです。

 

【施工例①】

すっきりとしたシンプルな洗面台です。

 

幅広のカウンターで

鏡裏収納やカウンター下の収納も充実しています。

ダストボックスを内蔵することで

狭くなりがちな洗面所のフロアもすっきりです。



【施工例②】

こちらはリビング隣の居室入口のコーナー部分に洗面台を配置。

丸みのあるデザインで柔らかな雰囲気です。

壁面にはオープンタイプの棚。

もちろん洗面ボウルの下も収納になっています。

また、足元にはお掃除ロボット用の基地を作りました。
 

【施工例③】

大容量収納のある洗面台。

シンクや三面鏡、収納など2セット並べて配置した洗面台です。

鏡部分も広く、収納量も大きいので、大家族には最適です。
 

【おまけ】

最後に…作成の洗面台ではないのですが、

我が家の洗面台収納をご紹介します。

 

4人の子どもたちも大きくなり、

朝の身支度に時間のかかる年頃になりました。(特に女子)

毎朝混雑する洗面台前…。

そこで洗面室をリフォーム!

ワイドタイプの洗面台と鏡のおかげで、

大きくなった子どもたちが同時に使っても余裕です。
鏡裏や洗面ボウル下にも十分な収納はあるのですが

女子の道具は何しろ多く、使う頻度も高いので、

少しでも収納の手間が省けるよう、

サイドに各々の道具カゴを置く棚をつけてもらいました。

身支度の時は自分の道具の入ったカゴを引っ張り出して使い、

終わったら放り込んでまた棚に戻すだけ。

ただカゴを棚に置いているだけなのに、割とスッキリ見えて、

ズボラな我が家の面々には合っているようです。

 

このように、洗面台の収納力に+αする事で使い勝手が更によくなることも。

家族構成、生活様式、収納するものの種類や量を事前に把握して、

理想の洗面台収納を計画されてみてはいかがでしょうか?