収納の工夫㉒ 洗面台収納その2

今回は洗面台収納第二弾!

 

お客様とお打ち合わせをしながら作成した

オリジナルの洗面台収納について

いつくかご紹介したいと思います。

 

作成洗面台のメリットは

デザインはもちろんですが

家族構成に合わせた洗面台の幅や高さ、

ボウルの数、収納棚等を自由に作れることです。

 

【施工例①】

すっきりとしたシンプルな洗面台です。

 

幅広のカウンターで

鏡裏収納やカウンター下の収納も充実しています。

ダストボックスを内蔵することで

狭くなりがちな洗面所のフロアもすっきりです。



【施工例②】

こちらはリビング隣の居室入口のコーナー部分に洗面台を配置。

丸みのあるデザインで柔らかな雰囲気です。

壁面にはオープンタイプの棚。

もちろん洗面ボウルの下も収納になっています。

また、足元にはお掃除ロボット用の基地を作りました。
 

【施工例③】

大容量収納のある洗面台。

シンクや三面鏡、収納など2セット並べて配置した洗面台です。

鏡部分も広く、収納量も大きいので、大家族には最適です。
 

【おまけ】

最後に…作成の洗面台ではないのですが、

我が家の洗面台収納をご紹介します。

 

4人の子どもたちも大きくなり、

朝の身支度に時間のかかる年頃になりました。(特に女子)

毎朝混雑する洗面台前…。

そこで洗面室をリフォーム!

ワイドタイプの洗面台と鏡のおかげで、

大きくなった子どもたちが同時に使っても余裕です。
鏡裏や洗面ボウル下にも十分な収納はあるのですが

女子の道具は何しろ多く、使う頻度も高いので、

少しでも収納の手間が省けるよう、

サイドに各々の道具カゴを置く棚をつけてもらいました。

身支度の時は自分の道具の入ったカゴを引っ張り出して使い、

終わったら放り込んでまた棚に戻すだけ。

ただカゴを棚に置いているだけなのに、割とスッキリ見えて、

ズボラな我が家の面々には合っているようです。

 

このように、洗面台の収納力に+αする事で使い勝手が更によくなることも。

家族構成、生活様式、収納するものの種類や量を事前に把握して、

理想の洗面台収納を計画されてみてはいかがでしょうか?

 


収納の工夫㉑ ウォークインクローゼット 動線②

こんにちは、今回は前回に引き続き、ウォークインクローゼットについて、施工例を
ご紹介致します。

【施工例3】
2階の寝室にウォークインクローゼットを配置した例です。

寝室側だけでなく、廊下側にも出入口を設けたことで、寝室から入り、着替えをすませて、

1階へ下りる動線がスムーズに行えます。

さらにこちらのご家庭の場合、物干しスペースがすぐとなりにあるので、

洗濯物を取り込みそのまま収納することができ、家事がスムーズにできます。

また、子供室には収納がないため、収納しきれないものや衣替えで使わない衣類などを入れておけますし、

必要な時はすぐ取りにいけます。

 

【施工例4】
同じように寝室にウォークインクローゼットを設けた例です。

こちらの特徴はベッドをはさんで両サイドに入口があることです。

ご主人と奥様でご使用になる場合は、エリア分けして個人のものを収納し、

真ん中に共用のものを収納したりできます。他にも寝室入口に近い側へ

使用頻度の高いものを収納するなどの使い分けができます。

 

【施工例5】

最後に、ご主人と奥様の収納スペースを完全に区切った形のウォークインクローゼットの事例です。





ご夫婦の収納したい物に合わせてそれぞれご自由に棚やパイプの配置をされ、

壁紙や床色もそれぞれお好みでコーディネートされています。

お互いの物が入り乱れることも防げますし、

自分の衣装部屋のようなウォークインクローゼットになっていますので、整理するのも楽しくなりそうです。

 

この度、2回に渡ってウォークインクローゼットの事例をご紹介致しました。

 

収納のプランは生活をする上でとても重要です。

その中でも大容量の収納が可能なウォークインクローゼットは

配置する位置や出入り口の場所で使い勝手が変わってきます。

お客様の『こうやって使いたい』・『こんなものを収納したい』

という皆様のご希望にあったプランをお作り致しますので、お気軽にご相談下さい。

 

次回は、ウォークインクローゼットの内部の計画についてご紹介します。

 


収納の工夫⑳ ウォークインクローゼット 動線①

こんにちは。

今回紹介するのはウォークインクローゼットです。

 

ウォークインクローゼットとは、人が入れるほどの広さを持った収納スペースです。

押入れサイズのコンパクトな収納とは違い、収納量が格段に多くなるため、衣類はもちろん、

タンスや扇風機などの家具、家電、スポーツ用品など、

大きいものをしまうことが出来るのもウォークインクローゼットならではのメリットです。

 

今回は生活動線や、収納するものを考慮した施工例をご紹介していきたいと思います。

 

【施工例1】

2階の寝室に共用のウォークインクローゼットを設けた例です。

階段側に出入口を設けることで、寝室から着替えを済ませて1階へ降りる動線がスムーズです。

また他の部屋を経由することなく階段から上がってすぐに物を取り出せるのも効率的です。

主にご夫婦の為のウォークインクローゼットですが、子供たちの為の道具や、

共用のものなども収納することが出来ます。





 

【施工例2】

書斎、寝室、ホールに囲まれた位置にウォークインクローゼットを配置した例です。

隣接した部屋からそれぞれアクセスでき、使い方もそれぞれです。

①寝室から

⇒洋服をかけたり、着替えスペースとして。

【施工例1】同様、着替えを済ませて1階へスムーズにおりることができます。

②書斎から

⇒本や書類を置くスペースとして。

狭い書斎でも広々と使うことができます。

③ホールから

⇒洗面台で使用するタオルや、トイレットペーパーの収納庫として。

ストックも充分に収納できます。





このように動線計画や、何を収納したいかを考えて配置することで、

ウォークインクローゼットの使い勝手が更によくなります。

お客様の生活スタイルに合った収納プランをご提案しますので、

どうぞお気軽にご相談ください。