住まいに関するQ&A vol.3

お客様から実際に頂いた質問と、そのご回答をまとめた

住まいに関するQ&A、今回は屋根に関するお話です。

 

Q すでに建っている住宅に後から太陽光パネルを載せることは可能?

A 建築済みの住宅に後から太陽光パネルを載せることは、技術的には可能です。

その際検討しなければいけないこととして、

1、屋根重量が増加する

今までの屋根の上に新たに太陽光パネルの載せることになる為、

屋根の重さが増し、建物に掛かる負荷が増えます。

新築当時の建築基準法に基づいた強度を確保した住宅となっているはずですが、

新たに荷重がかかることまでは想定されていないことも考えられます。

その場合、短期的な建物の倒壊などの可能性は低いですが、

少なからず建物の寿命を縮める恐れがあります。

また、屋根へ太陽光パネルを固定するためのボルト留めなどが必要になります。

それによる雨漏りの発生や保証等、信頼できる業者選びが重要になります。

 

2、屋根が効率の良い勾配・向きになっていない場合がある

出来るだけ多くの日光を受けるために適した角度と方角があります。

太陽光パネルの設置を想定していないまま建てられた住宅は、

そのままでは発電効率が悪くなってしまうことがあります。

後付けの場合もパネルの下に土台を置くことで

効率のいい方向への調整は可能ですが、その分費用も上乗せ

され、外観を損なってしまうこともあります。

 

もし新築を考えられている方で、将来的に太陽光パネルの設置も検討されている場合は

施工会社へその旨を伝えておき、後からの荷重にも耐えられる強度、

効率の良い運用が出来る屋根の形状を提案してもらうと良いと思います。


住まいに関するQ&A vol.2

少し期間が空いてしまいましたが、

第2回も外壁についてです。

前回のブログはこちら

 

Q.外壁にコケが発生しないようにしたい。 また発生した場合の対処法は?

A.コケは日当たりの悪い場所、湿度の高い場所に発生します。

北側や周辺の建物の影響で日光の当たりにくい場所に、草木が生えていたり、

水溜りが残っていたりするとその周辺の外壁にコケが付くことがあります。

また外壁自体に凹凸のついたものを使用されている場合、窪みに水が溜まって

コケの発生を促してしまうこともあります。

出来るだけ外壁を暗く湿った環境に置かないことが重要ですが、

完全に防ぎきることはなかなか難しいですね。

 

発生してしまった場合の対処についてですが、ブラシやたわしで強くこすったり

高圧洗浄機で洗い流すやり方はNGです。

コケと一緒に外壁表面の塗膜まではがれてしまうため、更にコケが付きやすくなったり

外壁の寿命を縮めてしまうことになります。

手の届く範囲の場合は柔らかいスポンジやタオルに薄めた中性洗剤を使って

優しくふき取って水気をとりましょう。

高い位置や広範囲に広がってしまっている場合は、足場を掛けての工事が必要になり

ますので、専門の業者の方に依頼する必要があります。

せっかく足場を掛けての工事を依頼されるなら、同時にサイディングの塗り替えや

シーリングの補修も済ませてしまったほうがお得になりますね。

 

今後も実際にお客様から頂いた質問とその答えを

ご紹介していきます。


住まいに関するQ&A vol.1

多くの方にとって家づくりは一生に一度。

わからないことや不安な事も多いと思います。

今月より月に1回程度、実際にお客様とのお打合せの中で

出た質問とその答えをご紹介していきます。

第1回は外壁についてです。

 

Q.外壁の塗り替えは何年おきに必要?

A.外壁全体の塗り替えは15年~30年を目安に、

継ぎ目のシーリングは7~15年ごとにお考え下さい。

 

現在の新築住宅には「サイディング」という外壁材が多く使われています。

これはかつての日本の住宅に使われていた「塗り壁」と異なり、

セメントを原料としたボードを貼り合わせて外壁を作り上げていきます。

特長としては塗り壁よりも軽いため地震の被害を軽減することが出来、

ひび割れも発生しにくいため将来的な補修も少なく済みます。

そんなサイディングでも、一生ものというわけではなく、

年月が経つにつれて劣化が発生します。

 

一つ目は「外壁の色あせ」

長期間紫外線にさらされ続けることで、

新築時と比べて外壁の色が徐々に変化していきます。

日差しの強い南側や西側が影響を受けやすい傾向にあります。

商品によって耐久性の違いがある為一概には言えませんが、

新築から10年ほどで違いを感じられることもあります。

 

二つ目は「シーリングの劣化」

よりメンテナンスとして重要な部分が、このシーリングです。

シーリングとはサイディング同士の継ぎ目や、窓の周囲などにある、

シリコン状の部材です。

隙間を埋めて雨水の侵入を防ぐ重要な役割を果たしていますが、

こちらも紫外線の影響でひび割れが発生していきます。





上のような状態になっているお家をご覧になったことはありませんか?

隙間を埋めるシーリングにひびが入っていると、

そこから雨水が侵入していくことになります。

外壁の裏側には防水シートが敷いてありますので、雨水が侵入したとしても

すぐに家の中で雨漏りが発生するような被害は起こりません。

ですが、サイディングが雨風にさらされても問題がないような加工処理を

施してあるのは表面部分だけで、側面や裏側が長期にわたって濡れた状態になると

サイディングのふくらみ、反り、割れなどの被害に繋がっていきます。

 

サイディングの色あせ自体はお家への直接的な劣化にはつながりませんが、

シーリングは日ごろから確認して、劣化が見られた場合は

早めの対応をすることで、よりお家を長く使うことが出来ます。

 

今後もQ&A方式でご紹介していきます。

是非家づくりの参考にされてみてください。