Qどんな屋根材が雨や風につよいでしょうか?
A

雨や風に強い 屋根材というより、施工法が 問題です。
耐風対策施工は、1枚1枚の瓦を下地板に釘止めしたりします。

 

以前被害が大きかった台風以来、瓦材も工夫され、吹飛防止の造りになったし、
施工も、耐風施工が多くなっています。

 

20年以上前の屋根は、瓦をのせて部分的な釘止めだけで、
充分なことをしていないことがおおいです。
その場合は、瓦を1枚1枚接着していく方法があります。

 

雨の場合、下地をしっかりしましょう。