Q収納のために屋根裏を自由に改造できるんですか?
A

屋根裏を改造するためには、法規的な基準、構造面が引っ掛かってきます。

 

屋根裏の天井高が一部分でも1.4mを超えると、3階建てとみなされ、登記上提出しなければならない書面が出たり、
2階建てよりも厳しい建築基準法をクリアしなければならなくなります。

 

また、屋根裏は物を置くことを前提に作ってありませんので、天井を補強しないと物は置けません。
天井が落ちてくる可能性も。。。

 

2階の屋根裏よりも1階の屋根裏を利用して、収納空間を作ってはどうでしょうか?
2階の部屋から直接使える物置として便利だと思います。

 

どちらにしても、改築にはお金が掛かります↓
上手な整理法を自分で勉強したら1番安上がりになりますね☆