• トップ
  •  
  • はじめての家づくり情報

新築住宅を考えている人必見!こだわりを持つべきポイントとは?

 

皆さんこんにちは!平野設計室です。
今回は新築住宅をお考えの方に向けてご説明致します。

 

新築で住宅を建てる際に、「キッチンはアイランドが良いな」「お風呂は広々が良い」など、お家の各場所に関して様々な思いを巡らせることと思います。しかし現実問題として、そんな理想が沢山ある一方で「予算内に全て納めるのは、もしかしたら厳しいかもしれない」、そんな思いもあるかもしれません。そこで今回は、こだわりポインを絞り込むためのヒントをお伝えしたいと思います。

 

まずはありったけ希望を書き出そう

こだわりを絞り込む前に、まず大切なのは選択肢を広げること。こだわりを減らさなければならないからと言って、最初から少ししかこだわりポイントを挙げていない状態では、住み始めてから「この部分はもっとこうしておけば良かった」などと思うことになりかねません。ですから、今ご自身が暮らしていらっしゃる家やインテリア雑誌を参考に、家の各場所についてどんな希望、こだわりがあるかを家族みんなで考えてみましょう。

 

こだわる場所ごとに一番利用する人を明確にしよう

こだわりを書き出せたら、今度はそのこだわりたい場所ごとに、家族の誰が一番その場所を利用するのか考えましょう。例えばキッチン周りはお母さん、庭先はお父さんなど、お家の各場所によって最も使用頻度の高い人が誰なのかを考えましょう。家族間で沢山出したこだわりの案の中で人によって意見の違うことなどがあれば、その場所の使用頻度が最も高い人の意見を中心に詳細を決めていくと良いでしょう。

 

その場所の利用頻度を考えよう

さて、誰が一番使用するのかが明確になったら、次はそれらの場所の中でも特に家族がよく使用する場所について考えましょう。1日に何回使用するのか、毎日使用するのかなどを書き出していきましょう。やはりよく使用する場所ほど後々になって気になる可能性が高いため、この作業で頻度が高いと判断されたところを優先するのもこだわりを絞るヒントになります。お料理を沢山する方はキッチンが重要ですが、基本的に外食だから見た目は良いものにしたいけど実際には使用しないという方は、キッチンの優先度は低い可能性もありますね。

 

まとめ

ここまで、こだわりを絞るための手順を紹介してきましたが、これらはあくまでも予算が限られていて全てのこだわりを実現するのが難しい場合です。予算などの判断はご自身では難しいことが多いため、まずは上記の3つを行った後に業者に相談して詳細を伝えてみましょう。また、こだわりを絞れない方にはヒントとなりますが、「ここだけは譲れない!」というポイントがある方は是非そちらを最優先してくださいね。