• トップ
  •  
  • はじめての家づくり情報

必見!熊本で注文住宅ならお任せ!ハウスメーカーと工務店の違いは?

 

皆さんこんにちは!平野設計室です。
今回は工務店とハウスメーカーの違いをご説明致します。

 

「注文住宅を建てたいけど、業者はどうやって決めればいいんだろう?」
「建築業者のハウスメーカーと工務店って何が違うの?」
なんて思っている方は多いのではないでしょうか?
確かにみなさんあまり意識せずにハウスメーカーや工務店という言葉を使っている方も多いと思いますが、それらはどういった違いがあるか知っている方はあまり多くないと思います。
そのため、今回はハウスメーカーと工務店の違いについてメリット、デメリットを踏まえてご紹介します。

 

ハウスメーカーと工務店の違いは?

ハウスメーカーと工務店の違いは大きく2つあります。
それは展開規模の違いと、行なっている業務体系の違いです。
事業展開規模の違いとは、ハウスメーカーが全国的に展開しているのに対し、工務店は地域に根付いた事業展開をしていることです。しかし、最近では工務店を名乗りながらも全国展開している会社があるため、この違いは少しずつわかりづらくなってきていることも確かです。
そして業務体系の違いとはざっくりいうと家を売るハウスメーカーに対し、家を作る工務店を想像してもらえるといいでしょう。
つまり、ハウスメーカーが家を売り、下請けの工務店が家を建てる。なんてこともよくあります。
しかしハウスメーカーも家を作るし、工務店でも家は売るため、あくまでもイメージですがこのような違いがあります。

 

ハウスメーカー

・メリット
ハウスメーカーのメリットは何と言ってもブランド力からくる信頼度でしょう。
そのほかにも独自の技術や品質の良さなども大きなメリットです。
また、点検やアフターケアなどの保証が整っていることも大きな魅力です。

 

・デメリット
ハウスメーカーにもデメリットはあります。
それはブランド力や信頼度を維持するために、広告宣伝費や人件費が加算されます。
そして、直接工事を行わないので、原価価格が高くなってしまいます。
やはり多くの方が一番気にする価格は、工務店よりは高いことが多いです。
また、施工するのは下請け企業になるため技術的な心配が残ります。
きちんとした専任工務店なども存在しますが、とはいえ下請け業者であるというイメージは残ってしまいます。

 

工務店

・メリット
工務店のメリットはやはり価格でしょう。
必ずとは言い切れませんが、多くの場合がハウスメーカーより安く済みます。
また、きちんと工務店を選ぶと十分な質の家を立てることができるので、安く良い家を立てることができます。

 

・デメリット
デメリットはハウスメーカーに比べ、信頼性が劣ってしまうことが大きいです。
また、技術や保証に対する不安も大きいです。
その不安も信頼度の低さが原因で不安が掻き立てられている部分はありますが、やはりハウスメーカーに比べると、工務店側からの情報発信が少ないため不透明であることも確かかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?
ハウスメーカーと工務店の違いは少しずつなくなってきてはいますが、このようにメリット、デメリットを比較してみると、両方に違った魅力があることがわかります。
そのため、自分にはどちらが適しているか考えてから頼む必要があるでしょう。
ぜひ参考にしてください!