収納の工夫㉕ 土間収納・収納の様子

こんにちは。

今回は、キッチンパントリー第2弾です。

前回は、キッチンパントリーの配置や動線について、図面で説明いたしました。

前回の記事はこちらから

 

今回は、実際の収納の様子や土間付き収納をご紹介いたします。

皆さんは、キッチンパントリーを計画する際にどんな点が気になりますか?

キッチンの近くに収納したいものは案外とても多いものです。

これだけあれば十分と思っていたら収納スペースが足りなかったという

経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

パントリーを作る際には是非使い方を今一度よく考えて計画することをお勧めいたします。

では、施工例を見ていきましょう。

【施工例①】



こちらは、広さ3帖ほどの大きなパントリーです。

右側の棚の奥行きは深く、左側の棚の奥行きが浅くなっております。

奥行きが深い棚には大きなものを、奥行きが浅い棚は小さいものを収納できます。

浅い棚の方は小さいものを置いても何が置いてあるかわかりやすいですし、取り出すのも簡単です。

棚は可動棚ですので、高さは自由自在。背の高いものを置くこともできます。

広めのパントリーは何でも置けちゃうので使い勝手もよく収納できる量が半端ないです!!

少し雑然としてしまっても、扉を閉めると隠せるのでリビングからはスッキリと見えます♪

 

【施工例②】



こちらは、階段下収納を土間にしています。

土間にしている部分は、夏場でもひんやりしているので、

お米や野菜などの食材を置くのにも最適です。

野菜室には入りきれない野菜を置けるスペースがあるのはとても助かりますよね。

左側3段ある棚も可動棚となっており、

高さを変えたり枚数を増やしたりできるのでとても使いやすく便利です。

食材以外の物も色々と収納できそうですね!!

 

【施工例③】
こちらは、我が家のキッチンパントリーです。階段下を活用しています。

勝手口の土間は、ゴミ箱置場としても活用してます。

こちらもすべて可動棚ですので、高さを自由自在に変えることができます。

奥行きは右の写真も左の写真も30cmです。

ちょうどいい感じの奥行きで使いやすいです。

実際使ってみると、想像以上に棚に置く物あります!!

(実はまだまだ置きたい物あります!!!)

 

使いやすいキッチンパントリーを計画する際のキーポイントは、

可動棚をどれだけ活用できるかにあるような気がします。

 

施工例①のように十分な広さを取れない場合でも、

棚を上手に活用することで少しでも収納量を多くできるのではないでしょうか。

 

こればっかりは使ってみないとわからないものですが、実際の収納写真をみることで、

自分だったら何を置くのか想像していただき、

理想のキッチンパントリーを作っていただければ幸いです。

 

平野設計室では、設計士、収納アドバイザーがライフスタイルに合わせた収納を

ご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

 


ラジオ紹介③

こんにちは。

ラジオ紹介第3弾!!

今回は8月放送分をご紹介いたします♪

 

FMKパンゲア内の「エキスパート平野のマイホームクリニック」

エキスパート平野こと弊社社長 平野義登がリスナーの皆様からのマイホームに関する

疑問・質問に答えるコーナーで、毎週水曜日お昼の11:45から放送されています。

 

8月のラジオは

・犬を飼いながら家をきれいに保つ方法

・中庭のメリット・デメリット

・2階の部屋の壁一面を本棚にして床は大丈夫か

・2世帯住宅の注意点

が放送されました。

全て生放送です♪

笑いありハプニングありのエキスパート平野のマイホームクリニックを

是非きいてみてくださいね(^^)/

 

住宅に関する疑問や質問がございましたら、何でも結構です。

FMKパンゲアにメールかFAXをよろしくお願いします♪

 

質問メールはこちら → pnga@fmkumamoto.jp

     FAXはこちら   → 096-355-5200

FMKパンゲアのHPからも投稿できます。

是非よろしくお願いいたします<m(__)m>

ラジオで流れましたリスナーの皆様からの質問、

エキスパート平野の答えた内容についてはHPに載せております(^^♪

気になる質問の答えはこちらから

 

そして前回のブログでも告知しておりましたが、

平野が9月4日の黒木タクシーに出演いたしました(^-^)

黒木運転手と会話が弾んでいましたね♪


 





 


住まいのお手入れ④

こんにちは。

前回のクロスのお手入れ方法の続きで、

今回はクロスの補修方法をご紹介したいと思います。

 

〈クロスの補修方法〉

(1)ビニールクロスのカビ

表面のカビには、住居用洗剤をぬるま湯で薄めて拭き、

ドライヤーで乾燥させるときれいに仕上がります。

落ちにくい場合は塩素系漂白剤を表示に従って薄め、カビ部分に塗ります。

20分ほど置き、ぬるま湯で絞った雑巾で拭きとります。

防カビスプレーを吹き付けておくと効果的です。

※裏側までカビが生えてしまった場合は弊社にご相談ください

 

(2)ビニールクロスに付着したたばこのヤニ

住居用洗剤を熱湯で5倍くらいに薄め、スポンジローラーなどで下から上にむらなく塗り、

下から上へブラシでこすります。

壁の隅の汚れは、ナイロンパッドを使うときれいになります。

洗剤が乾く前にきれいな布で水拭きし、乾拭きで仕上げます。

2回にわたり、クロスのお手入れ方法についてお伝えしてきましたが、汚れが落ちない、

破れている箇所があるなど、お困りごとがあれば弊社にご相談ください。

またクロスを貼り替えると、お部屋の雰囲気が一気に変わったり、

クロスにしみついた臭いが和らいだりします。

最近ではかわいいクロスもたくさん出ていますので、

ご興味がある方はどうぞお気軽にお問合せください。